アート · 08日 2月 2019
前回の記事は昨年末なので、早くも2ヶ月近く経ってしまいました。 もはやブログではないですね。 さてさて、私の人生においてとても嬉しく光栄な事が起こりました。 子どもの時からの憧れだったやなせたかしさん編集の「詩とメルヘン」。 一度廃刊になって「詩とファンタジー」という雑誌になりました。 やがてその雑誌も昨年一度廃刊になりましたが復活され、その復活号No.38号の特集ページにイラストを描かせて頂きました。 詩は三木卓さん(経歴を見ただけで恐れ多い方でした。 )の「窓から」。 1度読んだだけで絵は脳裏に浮かびました。 でも、解釈の思い違いがあるといけないから何度も読み返し 詩が書かれた年代も考慮して。 アマゾンで、詩集を購入して三木先生の書かれた詩をたくさん読みました。 小心者の私は失敗が恐ろしいので板とキャンバスに2枚同時に描きました。 でもでも、やはり1枚は大失敗。 キャンバスに描いた方の絵が何とかまとまりました。 原画も先日我が家に戻って来ました。 この先家宝として我が家の壁に飾られることになりました。
アート · 20日 12月 2018
ご無沙汰しています。 この不定期すぎるブログに目を停めて下さりありがとうございます。 今年の自分の色々な出来事を振り返る季節になってしまいました。 個展があったり、大きな会場で発表させて頂く機会を得たりと、思い返せば全て応援してくださっている方からの導きでした。 今の私に背中を押してくださった方がいることに心から感謝いたします。 いろんな展覧会を経験することによって新たな画風を生み出したいと願う、それは作品が稚拙という意識からの事なのかも知れません。 来年は、これが私、、という作品を生み出したいと思います。 これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
アート · 19日 7月 2018
個展が終わったとたんにまた梅雨に戻ったかのように大雨が降り続き、豪雨災害のニュースが飛び込んできました。 自然の猛威をニュースで見ているだけで、 ただただ、西日本に住んでいる方々の無事を祈るばかりでした。 祈りとは他者の幸せを願うことです。 特定の宗教が生まれる前、人々が自然や偶像のない畏敬の念を感じるようなものに私も、祈りを絵に込めて描く、 それが自分の絵のテーマの根底にあるようにも最近思うようになりました。 自分が感動する絵には、「描いている本人が感動しながら」描いた絵です。 知って知らずか、《この絵を見た人も、感動してくれたらいいなあ》という祈りがあると思うのです。 ですから私は、祈りを込めて描こうと思います。 本物のアートはきっと祈りそのものなのだと思うのです。
31日 5月 2018
個展までいよいよ一ヶ月を切りました。 2月に新作を描き始めて27点ほどの新作を描きました。 描きたい作品は次々浮かびます。 さて、今回の個展のテーマは今までと変わらず「ファンタジー」です。 私は小さな頃よく木の実やおもちゃの宝石をお菓子の箱などに大切に集めていました。 そのころ私は天井の木目や茶箱の柄が人の顔に見える子どもでした。 もしかしたら本当に家のあちこちになにか精霊のような者が潜んでいたようにも思えるのです。 そんな懐かしい記憶を取り出すように描きました。 個展のタイトル『茶色の小瓶』は、詩とファンタジーの編集をされていた方に付けて頂きました。 このタイトルの音楽、きっと皆さんも聴いたことがおありだと思います。 どうぞお近くにお越しの際は遊びに来て下さいね。 気まぐれなこのブログを読んでくださった方に感謝申し上げます。 ありがとうございます。
展示 · 23日 4月 2018
あっという間に、ゴールデンウイークも目の前になってしまいました。 放置しっぱなしのこのホームページ上のブログですが、 のんびり書いてまいりますので どうぞ宜しくお願いいたします。 ゴールデンウイークといえば、5月3日から6日まで柏市でのグループ展が始まります。 この展覧会、「ひいらぎ展」といいます。 始まりは千葉県にある高校の美術部の有志の方が始められたそうですが、 美大に進学されてプロの絵描きさんになった方もたくさんいらっしゃるとか。。。 昨年東京でのグループ展にこちらに毎回参加されている作家さんが来て下さり、 ご縁が繋がりました。 もしお時間ございましたらお立ち寄り下さいませ。 私は7点出品させて頂きます。 作品は6号〜SMサイズのファンタジー画です。 販売はその場では出来ませんが、名刺にメールアドレスが書いてありますので、 ご連絡くださると対応いたします。 そして、、6月はいよいよ、成城学園前のアトリエ第Q藝術内、カフェギャラリー Quovadisにて個展となります。 どうぞ宜しくお願いいたします。
展示 · 01日 2月 2018
今年最初の展示会《夢のイストワール展 part5》、無事に終了しました。 展覧会では、交流会という時間がありました。 自分の作品の前で参加者の皆さんに自分の作品の話しをすると云う物です。 私の絵は、絵画教室の先生や大きな団体の展覧会に出される絵描きの方にはイラスト風の絵と言われます。 本格的にイラストレーターとしてお仕事をされている方には 絵画 と思われます。 どっちつかずの作風なのでしょうか。 考えて見ると自分が好きな絵もそういう作風が多いかも知れません。 自分が納得のいく作風に到達できるまではほど遠いのですが、 何とか頑張って描いてゆきたいと思っています。
展示 · 12日 1月 2018
謹んで新年のお慶びを申し上げます。 旧年中はたくさんの方に大変お世話になりました。 本年も昨年同様、どうぞ宜しくお願い申し上げます。 今年最初の展示は品川大崎 O美術館で行われる イストワール展part5です。 寒さ厳しい中ではございますが お近くにお寄りの際はお立ち寄りくださると嬉しいです。 初詣の時に今年もおみくじを引きました。 運勢よりもおみくじの裏に書いてある「神の教」が読みたくて引いています。 「天地の中に生えたる草木まで、神のすがたと大切に見よ」 自然の中で生かされていることの大切さを 教えてくださっています。 毎日をもっと心を使って丁寧に生きなければと、決意も新たな新年の幕開けです。
展示 · 22日 12月 2017
今年も残りわずかになってまいりました。 今年は個展らしい展示はライブハウスWuuでのマンスリー月間の展示のみでしたが その他はグループ展が10個。 振り返って見ますと少し多かったかもしれません。 制作した作品は70点を超え、昨年の33点の2倍です。 頑張りました。 先週、今年最後の展示(祈りの光展 at silent music)で、たくさんのお客様と作品を通してお会い出来たことは本当に貴重な時間でした。 今後も、真摯に制作を続けてまいりたいです。 来年は6月に個展も決まりましたので、参加するグループ展は少なくなるかも知れません。 一つ一つの作品をもっと完成度高くして質の良い作品を制作してゆきたいと強く思っています。 どうぞよろしくお願い致します。